母乳不足で悩んでいる方、落ち込まずに赤ちゃんとの未来を考えよう

赤ちゃん

どうしても母乳が出ない場合

赤ん坊

まず赤ちゃんは母乳不足を感じると精一杯泣いてお知らせしてくれます。その場合、粉ミルク等を与えてあげるとしっかり栄養もとれるので大きな問題はありません。最近の粉ミルクは品質の向上が著しく、栄養価においては母乳と大差がないと言われています。母乳はお母さんしかあげられませんが、粉ミルクであれば誰でも与えることが出来る為、赤ちゃんを人に預かってもらうということがし易いです。粉ミルクのデメリットと言えば、母乳のような免疫効果は期待出来ない、直ぐにあげられる飲み物ではなくキチンとした準備が必要、赤ちゃんとお母さんとのスキンシップが弱い、のようなことではないでしょうか。栄養は十分ですので、そういった面は安心です。

問題はお母さんの方でしょうか。自分の母乳不足で赤ちゃんに泣き叫ばれると、どうしても精神的に落ち込んでしまいます。それはそうですよね。生まれてきてくれた我が子が精一杯泣いて母乳をせがんでいるのに、思ったようにそれが出ないなんて・・・。ただそれでもやはりそれを気にし過ぎると悪循環に陥ります。ストレスを感じれば母乳の分泌に良いことはありません。

理解ある旦那さんならいいですが、男性は女性特有の悩みに鈍感で、「赤ちゃんが泣き止まないならさっさと粉ミルクをあげればいいのに。その方が赤ちゃんもすぐ泣き止んでくれるし、お母さんも余計なストレスを感じなくて済む」と思う人は多いでしょう。でもお母さんはお父さんよりも赤ちゃんのことを真剣に考えています。お母さんは育児の辛さを周りに理解してほしいのに、「赤ちゃんの泣き声がうるさい」とか「もっとミルクをあげた方がいい」とか言われてしまうと、ひどく落ち込んでしまうのです。女性(お母さん)は共感してほしいのです。母乳不足は辛いでしょう。でも母乳不足は自分だけではありません。同じような思いをされているお母さんたちはたくさんいます。決して独りで塞込んだりしないでください。正しい知識を得られれば、例え母乳が出なくてもしっかり赤ちゃんを育てる自信はつきますし、誰かに相談すれば、気持ちも幾分か楽になるでしょう。大事なのは母乳か粉ミルクかではなく、赤ちゃんの体重や健康状態であり、赤ちゃんの笑顔やお母さんの笑顔です。

Copyright ©2015 母乳不足で悩んでいる方、落ち込まずに赤ちゃんとの未来を考えよう All Rights Reserved.

This template downloaded from: Free Css Templates