母乳不足で悩んでいる方、落ち込まずに赤ちゃんとの未来を考えよう

赤ちゃん

日本人はやっぱり完母派

日本人は母乳育児を9割の人が望んでいる

赤ちゃん

母乳不足に陥っている日本では母乳育児法を推奨する場合がほとんどですし、たくさんのお母さんもそれを望んでいます。統計によると実に9割くらいのお母さんが母乳育児を希望しているデータがあります。ですから、粉ミルクを勧められるような話はあまり聞きません。理由はいくつかあると思いますが、その1つに『日本人が和の心を大事にする民族だから』というのがあるのではないでしょうか。「和」というのは聖徳太子が随分昔の604年に作ったとされる十七条の憲法にも記載されています。有名な「和を以て貴しと為す」という一文であり、私たちのDNAの中に“和”は脈々と受け継がれていたのです。赤ちゃんにとってお母さんは地球上の誰よりも大切な存在。そんな大好きなお母さんに安心してしがみつきながら母乳を飲み、お母さんはそれを大事に抱きしめながら赤ちゃんとの一種のコミュニケーションをとる。古来よりの和の精神を重んじてきた日本人ですから、赤ちゃんとお母さんが密に関わることが出来る母乳育児を好むのは至極当たり前です。欧米では赤ちゃんの頃から両親と別々で寝るように躾けることが多いのですが、日本では赤ちゃんと両親(特にママ)は一緒に寝ている場合がほとんどです。子供を間に挟んで“川の字になって寝る”と言いますよね。日本式スタイルの方が、赤ちゃんにとって良いことだと思います。だって私たちのご先祖様たちは、赤ちゃんと別々に寝ていたと思いますか。もちろん違います。

母乳育児をされていない方の大半は、『母乳不足で困っており、補助的な意味で粉ミルクを利用する』という流れです。だからこそ母乳不足で悩んでいるお母さんは理想とは違う我が子の育て方に過度なストレスを感じたりしてしまうのでしょうね。

Copyright ©2015 母乳不足で悩んでいる方、落ち込まずに赤ちゃんとの未来を考えよう All Rights Reserved.

This template downloaded from: Free Css Templates