地盤調査は信頼できる業者へ依頼!専門知識や対応力で選ぶ

地盤調査を行なうタイミング

主に構造物などを立てる際、事前に地盤の性質や強度を把握することなどを目的として地盤調査は行われます。

地盤調査を行なって得られるメリットランキング

男の人
no.1

事前に地盤の性質を把握できる

地盤調査を行うことによって、事前に地盤の性質を把握することができます。このことにより、もし調査の結果、弱い地盤と判明した場合は、それに応じた対処を行うことが可能になり、後々の建築トラブルを未然に防ぐことができます。

no.2

リスクを回避するために

事前に地盤調査を行うことで、地盤沈下のリスク回避や液状化のリスク回避、昨今問題になっている土壌汚染のリスク回避など、様々な深刻なリスクを回避できます。このようなリスクは一度起きてしまうと復帰させることが困難なので、事前に回避できることが非常に重要です。

no.3

地盤が悪い時はそれに応じた対処ができる

地盤が悪い場合、そのうえに建てた構造物が破損する恐れもあります。事前に地盤調査を行い、万一、地盤が悪いことがわかればそれに応じた地盤改良の対応をとることができます。構造物を建てた後に地盤改良をすることは困難なので、事前に地盤調査することが大切です。

地盤調査は信頼できる業者へ依頼!専門知識や対応力で選ぶ

ヘルメットを持つ人

地盤調査の方法

地盤調査の方法はいくつかありますが、地表を観察するだけでは正確な地盤状況を把握できないので、地中を検査することになります。代表的な方法としては、実際に土地を深く掘って調べるボーリング調査による方法、電波を用いて土地の内部状態を検査する方法などがあります。何れにしても素人で行えるような方法ではないので、地盤調査は専門業者に依頼しましょう。

男女

地盤が弱かった時の対処法とは?

弱い地盤に建築物を建てることは非常に危険です。地盤調査の結果、弱い地盤と判断された土地に建築物を建てる場合は地盤への基礎を強化することが必要です。方法はいくつかありますが、表層部分を地盤が崩れないように平らに削って固いものを敷き詰める表層改良、支持基盤までミルク状にした固形材を注入する湿式柱状改良、小口径鋼管杭の方法などが考えられます。

早めに対策をしておこう

建築トラブルの約7割は地盤です。このことからも、地盤調査は非常に重要です。建築物を建てる前には必ずしっかりとした地盤調査を行い、正確な地盤状況を把握しましょう。調査の結果、脆弱な地盤と判断された場合は、地盤の強化作業が必要になることもあります。地盤調査も地盤強化も、専門的な知識を持ち信頼できる業者に依頼することが大切です。

広告募集中